最近の葬儀を考えました

生きているうちに葬儀のことを話すのは縁起が悪いとされてきました。

最近の葬儀を考えました

最近の葬儀を考えました 生きているうちに葬儀のことを話すのは縁起が悪いとされてきました。しかし、最近では自分の葬儀のことを生前に決めておく人が増えてきました。突然の訃報に接した時に短時間で決めなくてはならないことがあまりに多いからです。残された家族にとって、心理的、経済的に負担になります。また、親戚づきあいや近所付き合いが希薄になりました。価値も多様化してきたので、人によって良い葬儀が異なるからです。

宗教、葬儀に呼ぶ参列者、葬儀の形式を決めておくと良いでしょう。出来れば、葬儀会社数社から見積もりを取って比較してから、葬儀会社を決めておくと良いです。訃報を知らせて欲しい人をリスト化し、連絡先を明確にしておきます。葬儀のことを考えることで、より良く生きることにつながると良いでしょう。身辺の整理や争議にならないよう、手続きを行います。遺族は故人の遺志を尊重し、希望に添うようにします。

最近は儀礼的な参列者を招かず、遺族やごく近しい人だけの小さな葬儀が増えてきました。葬儀はやり直しがききませんので、失礼のないように注意します。そのうえで大切な人とのお別れの時をゆったりと過ごし、心に一定の区切りをつけることが出来る形が良いです。


Copyright(c) 2019 最近の葬儀を考えました All Rights Reserved.